社会福祉法人九十九会
| トップページ | 施設の紹介 | ご利用案内 | 活動内容 | アクセスマップ |
社会福祉法人九十九会トップページ事業内容知的障害児施設槇の木学園児童発達支援センターつくも幼児教室知的障害者通所授産施設ときわぎ工舎知的障害者通所授産施設まあるい広場就労移行支援事業所一松工房生活介護事業けやき生活支援センターつくも

児童発達支援センター
つくも幼児教室
299-4403
千葉県長生郡睦沢町上市場693
TEL:0475-44-1214

活動内容

児童発達支援


平日の10時から14時の通所による療育支援(対象年齢0歳から6歳まで)

一日の日課


 
9:45
登園・身支度を整える・出席シールはり
10:00
保育開始・朝の集まり(お返事・朝の歌)
10:30
うんどうあそび(外遊び・散歩・室内うんどうあそびなど)
11:30
自由あそぴ・給食の準備
12:00
給食・歯磨き
13:00
いろいろな
あそび
やりとり
あそび
ことば
あそび
てをつかう
あそび
おんがく
あそび
14:00
保育終了
※午後の遊びの内容は1か月ごとに曜日が変わります

お子さんにとって・・・


お子さんにとって「楽しいあそび」、「わかりやすい保育」を、5つの領域プログラムを基本に保育を行います。

からだをうごかすあそび(運動)
屋外遊び、室内遊び、散歩などを通して、体を動かすことで様々な力を引き出す遊びを行います。

やりとりあそび(情緒)
人から学ぶことを促すために、人と楽しく遊ぶこと、人のもとでゆったりすることを目的とした遊びを行います。

ことばあそび(言語)
見たり聞いたりやってみたりしながら、様々な「ことばの土台」をつくるための遊びを行います。

てをつかうあそび(視覚操作)
感じる手、使える手、見る力を育てる遊びを行います。

おんがくあそび(音楽)
音楽や楽器に触れながら気持ちの発散を促し、心を育てていく遊びを行います。

保護者の方にとって・・・


保護者の方には、お子さんについての心配ごと、悩みごとの相談をはじめ、落ち着きを深めること、言葉の発達、情緒の安定、身体運動活動の取り組みなどの
アドバイスを行いながら、お子さんとの具体的な遊び方についての助言や援助を行います。また、子育てのさまざまな情報提供を行います。

地域生活の支援


保育所や幼稚園への訪問、近隣市町村や各関係機関との連携により、それぞれの地域で安心して生活できるように支援を行っています。

通園形態について


つくも幼児教室では「親子通園」と「単独通園」を併用しています。

★ 親子通園 ★
・お子さんにとって
慣れない環境では、保護者の方がいることでお子さんは安心しやすくなります。安心することで様々な活動への意欲が育ち、人からいろいろなことを覚えていくことも促されます。また、お子さんにとっての安心感は、職員や園生活に慣れていくことにつながります。

・保護者の方にとって
保育の具体的な場面において、職員と親御さんとでお子さんの現状について情報交換したり、お子さんが喜ぶあそびを一緒に見つけたりしていきたいと思います。それらを通して、親御さんが安心して子育てできるように支援していきたいと思います。

★ 単独通園 ★
家庭の事情や小さい兄弟がいることなどで親子通園が出来ない方、親子通園を通してお子さんが安心して通えるようになった方は、お子さん一人での通園(単独通園)を行っています。親子通園とほぼ同様の保育プログラムを行っています。

※入園後1~2ヵ月程度は親子通園をお願いしています。
(必ず必要なわけではありませんので、ご相談ください)

年間の主な行事・あそび


つくも幼児教室では「親子通園」と「単独通園」を併用しています。

・プログラム説明会・・・5つのあそびのプログラムについて説明を行います
・親子教室(年2回)・・・土曜や休日に行う親子参加の保育です(主にお父さん対象)
・保護者向け企画・・・子育てや就学についての情報提供を行います
・夏祭り(8月)・・・家族そろって参加できるおまつりを行います
・デイキャンプ・・・家族で参加できる日中活動です
・九十九祭(法人行事)・・・法人全体のおまつりを行います 
・クリスマス会(12月) ・誕生日会(毎月最終日) ・年長児遠足
・教育講演会(法人行事)・・・外部講師を招いて講演会を行います
・公開保育(年1回)・・・近隣の保育所や幼稚園の先生が来園します。
・摂食指導(年6回)・・・千葉県歯科医師会の歯科医が来園し、摂食嚥下に心配のあるお子さんに対して指導を行います
・理学療法(年10回)…外部の理学療法士による個別指導を行います
(理学療法が必要なお子さんを対象に行います)

利用料について


1日当たりの利用料
児童発達支援給付費の1割
1,054円 ※1
給食費
400円 ※2
日用品費
50円
合  計
1,504円
※1・・・児童発達支援給付費については、所得に応じた利用者負担上限額が設定されています。
※2・・・給食費については、所得に応じて公費補助があります。
※その他、必要に応じて実費負担をいただくことがあります。